配偶者ビザ

日本人や永住者と国際結婚をすれば、それだけで配偶者ビザを取得できるわけではありません。
国際結婚とビザ(在留資格)はまったく別の制度ですので、別途の申請手続きが必要です。

配偶者ビザとは

「配偶者ビザ」とは、外国人の方が日本人や永住者と国際結婚をした場合に、夫婦一緒に日本で生活するために取得する在留資格です。
配偶者ビザの手続きでは、申請者が証明資料をそろえなければなりません。そのため、うまく証明資料を集めることができないと、真実の結婚であるにもかかわらず、書類不備や説明不足で不許可となり、在留資格を取得できないケースがあります。
また、特に近年は偽装結婚の増加に伴い、配偶者ビザの審査が厳しくなってきています。

偽装結婚とは

日本に在留することが本当の目的だが、他の在留資格を取得できないため、日本人と形式的に結婚して「配偶者ビザ」を取得すること。特に、日本で働きたいが「就労ビザ」の要件を満たせない外国人が、時間や職種の制限なく働ける「配偶者ビザ」の取得を目的として行うケースが増えています。

次のようなケースは不許可になる可能性があります。

不許可になる可能性があるケース

① 国際結婚をする夫婦の年齢差が大きい
② 結婚までの交際期間が短い
③ 交際を照明できる資料(写真など)がほとんどない
④ 日本人の配偶者に外国人との離婚歴が複数ある
⑤ 水商売(スナック、キャバクラ、パブなど)で出会った

ご不安のある方はお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

「お問い合わせフォーム」にご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
担当者よりご連絡させていただきます。

※送信から3日以上経っても当方からのご連絡がない場合、サイト上のエラー等の可能性がございます。下記「お問い合わせ」先まで、直接ご連絡ください。

----------
【お問い合わせ】

CALICO LEGAL行政書士事務所
電 話|03-3669-5200
メール|info@calico-legal.com
※電話の受付時間:朝10時〜夕方6時/土日祝休

2019年3月3日

Copyright© CALICO LEGAL行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.