母国から親を呼び寄せたい

日本で生活する外国人の方が、子育てのサポートや介護のため、母国からご両親を呼びたいというケースがあります。しかし、日本の在留制度では、海外にいる親を日本に呼び寄せるための在留資格は存在しません。そのため、呼び寄せる理由や家族の状況に応じて、どの在留資格を申請するか、どういう資料を添付するかなど、個別に検討して判断しなければなりません。

母国から親を呼び寄せる主なケース

親を呼び寄せる理由 ビザの種類 日本での滞在日数
子どもの出産 短期滞在 90日以内
孫と一緒に生活したい 短期滞在 90日以内
病気の療養 特定活動 90日以内
高齢親の扶養 特定活動 5年、3年、1年、6月、3月のいずれか定められた期間

 

子どもの出産

日本で生活する外国人の方が子どもを出産し、母国のご両親の手助けが必要なときは、「短期滞在」の在留資格で日本に来てもらうことになります。
日本での滞在日数は「90日」以内ですが、出産日の遅れや出産後の体調悪化などの事情があれば、原則1回に限り更新が認められることがあります。

 

高齢親の扶養

日本に滞在する外国人の65歳以上の実親で、本国に身寄りがない場合には、人道上の理由から「特定活動」ビザが認められることがあります。

許可要件

  • 高齢(65歳以上)であること
  • 単身であること(すでに配偶者が亡くなっていること)
  • 日本に滞在している子以外に扶養者がいないこと(母国に兄弟など、頼れる身寄りがいないこと)
  • 日本に滞在している子が一定の収入を得ていること
  • 日本に滞在している子が納税義務を果たしていること

申請の注意点

高齢親の扶養で「特定活動」ビザを申請する場合、在留資格認定証明書の交付を得るとはできません。
まず「短期滞在」で入国した後、「特定活動」に変更することになります。
難易度の高い手続きとなりますので、専門家にご相談することをおすすめします。

 

お問い合わせ

「お問い合わせフォーム」にご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
担当者よりご連絡させていただきます。

※送信から3日以上経っても当方からのご連絡がない場合、サイト上のエラー等の可能性がございます。下記「お問い合わせ」先まで、直接ご連絡ください。

----------
【お問い合わせ】

CALICO LEGAL行政書士事務所
電 話|03-3669-5200
メール|info@calico-legal.com
※電話の受付時間:朝10時〜夕方6時/土日祝休

Copyright© CALICO LEGAL行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.