フジイノブログ

犬派の人にも猫派の人にも知ってほしいこと

2016年7月13日

「あなたは犬派ですか?猫派ですか?」

二者択一ではないはずなのに、ときどき聞かれるこの質問。実際、犬と猫ではどちらが人気があるのだろうか?!その疑問を明らかにするために、調べてみました。

使ったツールは、Google Trends。ある単語がGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドを、グラフで見ることができるサービスです。さっそく、キーワードに「猫」と「犬」と入れて比べてみました。

「猫」の圧勝!!とくに2015年以降は顕著に猫の人気度が上がっています。2006年に一度だけ「犬」が「猫」を上回っていますが、これは「戌年」だったからと考えられます。次の戌年にあたる2018年に「猫」が勝てば、猫の完全勝利といえるでしょう。

次にグローバルでのトレンドを調べてみました。それぞれのキーワードを「cat」と「dog」に変えます。

なんと、今度は「dog」の圧勝!!世界標準で見ると、まだまだ「犬」の人気の方が根強いようです。しかし、ここには「Hot Dog」とか、そういうワードも含まれている可能性があるので要注意です。

さて、日本ではペットとして人気が高い猫ですが、毎年約8万頭が殺処分されていることはご存知でしょうか?

(出所)環境省自然環境局 統計資料

犬・猫の殺処分をなくそうと活動している団体もたくさんありますが、今日は東京都内で活動している団体のいくつかをご紹介します。

----------

TOKYO ZERO

殺処分ゼロを実現するために、3つの解決策に取り組んでいます。
①ペット産業適正化のために必要な「8週齢規制」を早期に実現しよう!
②捨てられた犬猫のために「動物愛護センター」を「ティアハイム」的施設に転換するよう促す
③「保護犬」「保護猫」との出会いを広めよう!

----------

ネコリパブリック

「2022年2月22日までに、日本の猫の殺処分をゼロに!」を目指して、岐阜、大阪、東京、愛知江南市の4店舗で猫カフェを運営しています(2016年7月現在)。

----------

NPO法人東京キャットガーディアン

猫の殺処分ゼロを目指して、 行政(保健所・動物愛護センター)などから猫を引き取り、猫シェルターの運営、飼育希望者への譲渡などの活動を行っています。また、2010年からは、住居に猫がついてくる「猫付きマンションや「猫付きシェアハウス」を運営、2014年からは不動産ポータルサイト「しっぽ不動産を開設し、ペットウェルカム物件の検索ができます。

 

お問い合わせ

「お問い合わせフォーム」にご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
担当者よりご連絡させていただきます。

※送信から3日以上経っても当方からのご連絡がない場合、サイト上のエラー等の可能性がございます。下記「お問い合わせ」先まで、直接ご連絡ください。

----------
【お問い合わせ】

CALICO LEGAL行政書士事務所
電 話|03-3669-5200
メール|info@calico-legal.com
※電話の受付時間:朝10時〜夕方6時/土日祝休

-フジイノブログ

Copyright© CALICO LEGAL行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.