フジイノブログ

なにをするわけでもなく、笑いに行くしあわせ

2016年11月26日

土曜日の昼下がり、桂宮治さんの落語を観に行きました。

「落語」というと、初心者にはハードルが高い娯楽と思い込んでいたのですが、今年の夏に知り合いの税理士さんから誘われて初めて観に行ってからというもの、すっかりハマってしまいました。
仕事にしろプライベートのお出かけにしろ、家を出るときは何か目的があるわけですが、ただ「笑うため」に家を出るというのは、なんだかとても幸せな気分です。

落語は、時事ネタや落語家の方が最近あったことを話す「マクラ」から「演目」に入っていくわけですが、演目もさることながら、桂宮治さんのマクラがとにかく面白い。そして、マクラからそのままの流れで演目に入っていく展開が音楽のように美しい。
落語を聞くと、話し言葉では”テンポ”と”間”が大切なのだとあらためて気づきます。

すべての演目が終わって会場を出ると、出口のところにその日の演目表が貼ってありました。これを見るのも落語の楽しみのひとつです。

インターネットが当たり前になって情報の流通量が増えると、みんなが知っていることでは競争に勝てず、常に新しいものを追い求めなければならないという気持ちになることがあります。そんな日々に疲れたとき、昔から変わらないけれど素晴らしいものに触れると、ホッとします。
美しいCGの映画や最新設備のテーマパークも良いけれど、江戸時代の人たちも同じ話で笑っていたのかなと想像しながら、落語を楽しむのも良いものです。

 

お問い合わせ

「お問い合わせフォーム」にご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
担当者よりご連絡させていただきます。

※送信から3日以上経っても当方からのご連絡がない場合、サイト上のエラー等の可能性がございます。下記「お問い合わせ」先まで、直接ご連絡ください。

----------
【お問い合わせ】

CALICO LEGAL行政書士事務所
電 話|03-3669-5200
メール|info@calico-legal.com
※電話の受付時間:朝10時〜夕方6時/土日祝休

-フジイノブログ
-

Copyright© CALICO LEGAL行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.