フジイノブログ 中小企業支援

初雪|地域密着型サービス業にとって大切なこと

2016年11月25日

東京の都心部で11月に初雪が降るのは1962年以来54年ぶりで、積雪は明治8年に観測を開始して以来はじめてのことだそうです。四季や日本の気候が少しずつ変わってきていることを実感します。
昔の人は「初雪」をどのように感じていたのかなと思い、調べてみると、万葉集に一首だけ初雪を詠んだ歌がありました。

初雪は、千重(ちえ)に降りしけ、恋ひしくの、多かる我れは、見つつ偲(しの)はむ

大原真人今城

「初雪は幾重にも降り積もるといい。恋しさが募っているわたくしは、それを見て遠く離れたあなたのことを思い出します」というような意味です。なんだか寒さも忘れるような、ホカホカした歌です。

私はというと、初雪が降る中、今日は上野駅から北に向かう列車に乗って、ある経営者の方に会いに行きました。規模は大きくはありませんが、地域に密着した事業を行っている会社です。
さまざまなお話をうかがう中で、「経営者がつかむべきファンは”エンドユーザー”ではなく”従業員”」という言葉がとても印象に残りました。

社内の仲間意識が高まり、「経営者に恩返ししたい」という従業員が増えると、彼らはお客様を連れてきてくれる。そうしてやって来たお客様は、お店が従業員を大切にしている空気に安心して、口コミが広がるという好循環を生み出す。人が集まるようになるので、求人広告も不要になる。
お話をうかがい、地域に密着するサービス業を持続するための、ひとつの鍵があると思いました。

 

お問い合わせ

「お問い合わせフォーム」にご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
担当者よりご連絡させていただきます。

※送信から3日以上経っても当方からのご連絡がない場合、サイト上のエラー等の可能性がございます。下記「お問い合わせ」先まで、直接ご連絡ください。

----------
【お問い合わせ】

CALICO LEGAL行政書士事務所
電 話|03-3669-5200
メール|info@calico-legal.com
※電話の受付時間:朝10時〜夕方6時/土日祝休

-フジイノブログ, 中小企業支援

Copyright© CALICO LEGAL行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.