CALICO JOURNAL

これだけは知っておこう!日本で暮らす外国人の義務

- Q -
来日して、これから日本での生活がスタートします。
日本にいつまでいるか分からないのに、
年金は支払わないといけないのでしょうか?
外国人の義務や、注意すべきルールを教えてください。

- A -
外国人であっても、日本に住んでいれば、
税金と年金を支払わなければなりません。
特に、将来的に永住者ビザを取りたいと考えている方は、
審査でかなり厳しくチェックされます。
あとで後悔しないように、しっかりと支払いましょう。

 

日本で暮らす外国人の義務

「事前に知っていれば、うまくできたのに・・・」

永住申請の相談のとき、外国人からよく聞く言葉です。
日本で暮らす外国人が見落としがちな”義務”は、次の4つです。

日本で生活する外国人の義務

① 引っ越しや転職をしたら入管に届け出る
② お金を稼いだら「税金」を支払う
「健康保険」の保険料を支払う
④ 20歳以上の人は「年金」の保険料を支払う

これらの義務をしっかりと守っていないと、
永住申請だけでなく、ビザの更新や変更ができないなど、
影響が出ることもあります。

 

日本の「税金」のルール

まずは、「税金」について見ていきましょう。
外国人が支払う日本の税金には、「所得税」と「住民税」があります。

所得税とは?

「所得税」は、国に支払う税金です。
会社で働いている人は、
会社が給料から差し引いて納めてくれます。
自分で支払う必要はありません。
これを「源泉徴収」といいます。

源泉徴収で支払いすぎた税金がある場合は、
毎年12月の「年末調整」でかえってきます。
年末調整も会社がやってくれるので、
自分でやる必要はありません。

一方、次のような人は、税務署に行き、
自分で収入を申告しなければなりません。

自分で税金の申告をしなければならないケース

・2か所以上の会社から給料をもらっている
・会社の給料以外の収入がある
・フリーランスで働いている

この税金を申告する手続きを、「確定申告」といいます。

住民税とは?

「住民税」は、住んでいる市区町村に支払う税金です。
前の年にもらった給料などで決まる金額を、次の年に支払います。

会社で働いている人は、1年分を分割して、
毎月の給料から差し引かれます。
自分で支払う必要はありません。

一方、フリーランスで働く人などは、
毎年6月頃、「住民税を支払って下さい」という
手紙(納付書)が届きます。
この納付書と、そこに書いてある金額を持って、
住んでいる市区町村の役所で支払います。

帰国するとどうなる?

住民税は、前年分を翌年支払います。
そのため、帰国した後に支払いが残ることもあります。
帰国するときに支払っていない分は、
給料や退職金が全額差し引かれます。
それでも支払いが残るときは、
出国する前に「納税管理人」(代わりに税金の手続きを行う人)
を決める必要があります。

参考:
外国人の方の個人住民税について(総務省WEBページ)

 

「健康保険」と「年金」のルール

次に、「健康保険」と「年金」について見ていきましょう。
会社でフルタイムで働いている人と、
それ以外の人(留学生、フリーランスで働く人など)で、
若干ルールが異なりますので、それぞれ説明します。

会社でフルタイムで働く人の場合

会社でフルタイムで働く人は、
会社の「健康保険」と「厚生年金」に加入します。
保険料は、毎月の給料から差し引かれますので、
自分で支払う必要はありません

会社員以外の人の場合

留学生、フリーランスで働く人など、会社員以外の人は、
「国民健康保険」と「国民年金」に加入します。
保険料は、請求書が郵送で届いたら、
自分で支払う必要があります

留学生の場合

留学生は、支払いを免除できることもあります。
これは「学生納付特例」という制度です。
詳しく知りたい人は、役所に相談に行きましょう。

帰国するとどうなる?

年金に加入している外国人が帰国するとき、
支払った金額の一部が帰ってくることもあります。

また、日本では、年金制度を持つ国と「社会保障協定」を結んでいます。
これにより、国籍によっては、日本の年金に入っていた期間を
母国の年金に合算して計算できる場合もあります。

 

日本で長く生活して行きたい方へ

「日本にいつまでいるかわからないから、年金を支払いたくない・・・」

外国人が、そう考える気持ちは分かります。

しかし、ここまでお伝えしてきたように、外国人であっても、
税金、年金、健康保険を支払うことは義務です。
税金、年金、健康保険を支払わないことで、
のちのち困る可能性があります。

・留学ビザの更新ができない
・就職が決まったのに、就労ビザに変更できない
・将来、永住者ビザが不許可になる

このようなことで後悔しないようにしましょう。

特に、永住申請では厳しく審査されます。
支払っていないことが問題になるだけでなく、
支払い期限に遅れたこともマイナスに評価されます。
永住申請を考えている人は、
少なくとも直近2年間は、きちんと支払うことが不可欠です。

SNSなどの外国人コミュニティでは、
税金や年金を支払わずに済ます方法が
紹介されていることもあります。
でも、ルール違反は絶対にやめましょう!

 

お問い合わせ

「お問い合わせフォーム」にご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
担当者よりご連絡させていただきます。

※送信から3日以上経っても当方からのご連絡がない場合、サイト上のエラー等の可能性がございます。下記「お問い合わせ」先まで、直接ご連絡ください。

----------
【お問い合わせ】

CALICO LEGAL行政書士事務所
電 話|03-3669-5200
メール|info@calico-legal.com
※電話の受付時間:朝10時〜夕方6時/土日祝休

-CALICO JOURNAL

Copyright© CALICO LEGAL行政書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.