補助金

ものづくり補助金(2019年度実施)の最新情報

2018年12月28日

2018.12.28|平成30年度補正予算「ものづくり補助金」の事前告知

中小企業庁のホームページにて、平成30年度補正予算『ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業』に係る事務局の募集及び同補助金の事前予告が公表されました。

この記事の下の方に、2019年度にものづくり補助金の活用を考えている事業者にとって、重要な情報は記載されています。

補助金公募の事前予告

上記事務局が決定後、実施事務局が、中小企業・小規模事業者が行う革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善のための設備投資等の一部を補助する事業の、事業者向け公募を行います。これは、平成30年度補正予算の成立後、速やかに実施する予定です。
なお、事業者の事業実施期間を可能な限り長く確保する観点から、上記公募の際には、約2か月の公募期間を設けるほか、早期に公募を締め切って審査し、採択発表を速やかに(可能ならば年度内に)行うことを検討中です。また、夏以降に2次公募を行うことも予定しています。

つまり、2019年のものづくり補助金について、次の3点が明らかになりました。

➊ 「補正予算の成立後、速やかに」▶ 例年同様、2月中旬頃に募集開始する見通しである。
➋ 「採択発表を速やかに(可能ならば年度内に)行う」▶ 募集を早期に打ち切る1次募集がある可能性がある。
夏以降に2次公募を行う

また、公募要領を読むと、予算額は800億円と記載されています。前年より約200億円の減額となるため、採択率に若干の影響があるかもしれません。

https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2018/181228mono.htm
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2018/181228mono.htm

続きを見る

 

2018.12.21|平成30年度第2次補正予算案の概要

経済産業省が、平成30年度第2次補正予算について公表しました。

(出所)https://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2018/pdf/h31_niji_yosangaiyo.pdf

 

お問い合わせ

「お問い合わせフォーム」にご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
担当者よりご連絡させていただきます。

※送信から3日以上経っても当方からのご連絡がない場合、サイト上のエラー等の可能性がございます。下記「お問い合わせ」先まで、直接ご連絡ください。

----------
【お問い合わせ】

CALICO LEGAL行政書士事務所
電 話|03-3669-5200
メール|info@calico-legal.com
※電話の受付時間:朝10時〜夕方6時/土日祝休

-補助金

Copyright© CALICO LEGAL行政書士事務所 , 2020 All Rights Reserved.